タグ:帽子刺繍 ( 4 ) タグの人気記事

帽子の刺繍にポケット枠使ってみました♪

こんばんは102.png

先日作成したエアフォースの刺繍ですが

a0370893_22052631.jpg



帽子に刺繍しました!

a0370893_22322502.jpg


今回はポケット枠を使って帽子の側面も刺繍をしました♪

a0370893_00145057.jpg
a0370893_00145173.jpg
a0370893_00145179.jpg
a0370893_22322521.jpg


ポケット枠はTシャツの袖などにも刺繍しやすいそうですよ!





出来上がった帽子の写真を撮っていたら・・・

a0370893_22322592.jpg



かぶって撮った方が立体的でいいんじゃないの?♪  とノリノリ・・・・・・(;^_^A

あっそうですか。  じゃ、お願いします






※不要な部分はオリジナルモザイク加工済み


a0370893_22322550.jpg





・・・・。







最後までお読み下さりありがとうございました。





by cafe-de-reve | 2018-04-04 22:42 | ミシン刺繍 | Trackback | Comments(6)

帽子枠やってみました②

こんばんは♪

昨日の続きの帽子枠についてです!

昨日はミシンに帽子を縫うためのセッティングを行いました。

今日は帽子枠に帽子をセットするところをご紹介します!

まず、帽子枠に帽子をセットするための   土台を、 机にセットします。

a0370893_23594441.jpg
a0370893_23591246.jpg

そしてこの土台に  (やっとここで登場!)帽子枠をはめます


a0370893_23594533.jpg
それから帽子をセット(ここはコツがいりますよ~)

a0370893_23594515.jpg


帽子枠に帽子がきちんとついたら  土台から外します。

a0370893_23594580.jpg
今日はここまで!105.png106.png


今日は私の帰りが遅くすでに主人は寝てましたので、「ぜんざい作ったことで人気だよ!」(あれ?話変わってますか?)は、
明日伝えたいと思います♪

今日もお読み頂きましてありがとうございました。


by cafe-de-reve | 2018-01-13 23:59 | ミシン刺繍 | Trackback | Comments(2)

帽子枠やってみました①

こんばんは~

今日は タジマミシン 彩 SAI  にて
先日帽子枠を使った感じをレポートをしたいと思います!

まず縫う前に、糸を満タンにしておくのと、針を強い針(NY)に交換をします。

帽子枠に帽子をセットして縫いますが、どうしても浮いてしまう部分があり、その浮いた部分に針が刺さった時に曲がってしまうことが
あり、それが針が折れる原因になる場合があるとのことでした。なので針は全取り換えします。

a0370893_00001736.jpg

そして下からネジを2個、ゆるく挿して

a0370893_00001671.jpg

そしてそのネジに、ぴたっとはまる部分がある「ミシン本体にセットする帽子枠の部品」
をはめます。

a0370893_00001684.jpg

この丸い枠をミシンに挿しこんで、
上から別のネジを挿してとめます

a0370893_00001819.jpg

ここまで来たら左右に動かしてみて、滑らかに動くかを確認します

a0370893_00001740.jpg


続きは明日!105.png106.png



話は変わりますが、刺繍の安定紙についてです。

フエルトに使う安定紙は、悦子先生もお気に入りの140WPというのと、
ヒートハイボン2840Pというのを使っています。

140WPは、破り取れるもので、ヒートカットには向かないらしいです。破るのは簡単ですし、
破ってからヒートカットしたほうがカットするときに一枚分薄くなるのでカットもきれいにできるのだと
思います。(と、大本商事様のHPに書いてありました~)
あと、ネームの刺繍や置き縫いなども向いているようです。
ニットの刺繍もこちらがいいと大本商事様もおっしゃっていました。
アイロン接着後にはがしてもノリの跡が残らないので衣類にもいいそうです。

そしてヒートハイボン2840Pは、ポリエステルなのでヒートカットが出来るので貼ったままヒートカットをどうそ
とのことでした。値段がこちらのほうが安い
ので、試し縫いなどはこちらがいいのでは?ともアドバイス頂きました。

この二枚を間違えて、140WP(ヒートカットは向かないほう)を貼ってしまって
ヒートカットをしたときに気づいたことも実体験でありますが、
やはり一度ではヒートカットできませんが、もう貼ってしまって、ワッペンシートも貼ってしまったので、
何度も何度もコテをあてていたらそのうち切れました105.png(140WPが、私のしつこさに諦めて、切られてくれたという形・笑)

枠にはめたときは、ヒートハイボンのほうは柔らかくて薄い感じなので、なんていうかイイ感じです。

そして、フエルトにヒートハイボンを貼ったものでも販売しているとのことで、これは貼る都合上1メートルごとに
カットしてあるそうです。1メートルごと100円かかります。

今回は、試し縫いが多いのでヒートハイボンを多く使用していますが、
最初からワッペンのつもりで(試し縫いではなくて)縫うときは140WPを使うことも多くあります。


まだまだ研究中ですが、失敗するごとに勉強になっています110.png


最後までお読み頂きましてありがとうございましたm(__)m






by cafe-de-reve | 2018-01-12 23:16 | ミシン刺繍 | Trackback | Comments(2)

昨日のレッスンの帽子♪



こんばんは101.png

一宮のモーニングってすごいですね!
12時までがモーニングでした。
a0370893_23324450.jpg


昨日はスパルタレッスンでしたが特大の催眠術の効果で、帽子も刺繍することが出来ました♪
本当にありがとうございます!

帽子の彩くんへの装着はちょっとコツのようなものがありますが、何度も試しているうちに
身についてきました♪  家の彩くんでも頑張れそうです!

持って帰るとすーーーーっごく喜んでくれました♪

私と同じで全くこの世界がわからない方のために少しだけ説明しますと
これはアメリカ海軍のワッペンらしいです。  
部隊ごとやイベントなどがあると部隊などの単位でワッペンを作るらしいです。

アメリカ海軍の基地の近くではワッペンやさん、オーダーの刺繍やさんがあって(日本人がやっています)
そこで海軍ファンや本物の軍人さんがオーダーするらしいです。

そして今日、その刺繍デザインのことについて「これはお気に入りの部隊なの?」と、
そんなに興味がないのに聞いてみた所、内容は忘れましたが説明してくれました。

この帽子はこの服で着るとバッチリ!とワッペンのついた服を出してきました。105.png
a0370893_23325995.jpg
私と出かけるときに来ていたことはありません(よかった~)が、
 え?これ・・・・いつ着るの?106.pngへそ出しですか状態の短さの革ジャンです105.png
a0370893_23325053.jpg

ここは横須賀ですかと思いました105.png

私の興味ない世界ですが、喜んでもらえて本当に嬉しく思いました。
両脇の帽子について「薄いで夏用かな?」と言っていたのでセリア製の帽子だということは伏せておきました(笑)
a0370893_00045394.jpg
そのうち自分でも帽子を刺繍して、その様子をブログに出してみたいです(^^)
今日もお越し頂きありがとうございました。



by cafe-de-reve | 2017-12-23 23:59 | ミシン刺繍 | Trackback | Comments(0)

ミシン刺繍やハンドメイドについて書いていきます!


by yumi
プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る